スタッフブログ

猫ちゃんの健康診断2 血液検査

前回の「視診・触診・聴診による基本の健康診断」に続き、更に詳しく健康診断を行いたいと考える飼い主様や、予防獣医学の観点からも血液検査をお勧めします。

山田動物病院では毎年10月から12月まで生化学16項目を検査する「猫ちゃんの秋の血液検査キャンペーン」を通常の約半額の4950円で実施しています。

(キャンペーン中ですと「視診・触診・聴診による基本の健康診断」と採血料が無料になります。)

生化学16項目

総蛋白(TP)、アルブミン(Alb)、グロブリン(Glob)、A/G比、アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、アルカリフォスファターゼ(ALP)、総コレステロール(T-Cho)、総ビリルビン(T-Bil)、グルコース(Glu)、IDEXXSADMA、尿素窒素(BUN)、クレアチニン(Cre)、BUN/クレアチニン比、リン(P)、カルシウム(Ca)

 

まず、「山田動物病院の視診・触診・聴診による健康診断」を受けた後、採血をします。猫ちゃんは後肢から採血します。

採血が終わりましたら、血液を外部検査機関に送ります。

結果が来ましたら、獣医師が1頭1頭の総合的な判断、診断をして、検査結果と共に、飼い主様の自宅に送ります。(約1週間から10日ほどのお時間をいただいております)

では、生化学16項目を詳しく解説しましょう。

総蛋白(TP)

血液中の蛋白質の総量を示し、栄養状態、肝・腎機能や免疫機能の指標となります。Alb、Globの数値と併せて評価します。

アルブミン(Alb)

血液中に多く含まれる蛋白質です。上昇は脱水、低下は肝臓、腎臓、腸などの疾患や出血などが疑われます。

グロブリン(Glob)

血液中に多く含まれる蛋白質です。上昇は脱水、慢性炎症、腫瘍、減少は免疫異常などが疑われます。

A/G比

アルブミン(Alb)とグロブリン(Glob)の比を算出したものです。慢性炎症、腫瘍、慢性肝障害、腎からの喪失などで低下します。

アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)

肝臓に多く含まれている酵素です。主に肝臓のダメージの指標として用いられます。

アルカリフォスファターゼ(ALP)

主に胆道系疾患(胆汁鬱滞、胆管肝炎など)で上昇する肝酵素です。骨の成長期、腫瘍などの影響により上昇する場合もあります。

総コレステロール(T-Cho)

生体の主要脂質成分であるコレステロールの血液中の総量を示します。肝臓や胆道、腎臓の疾患や糖尿病、甲状腺機能低下症などの内分泌疾患などで上昇します。肝不全、小腸疾患などで低下します。

総ビリルビン(T-Bil)

ビリルビンは赤血球中のヘモグロビンの代謝産物です。溶血、肝障害、排泄経路の閉塞などで上昇し、黄疸の原因となります。

グルコース(Glu)

血糖値を示し、糖尿病や低血糖の診断に用います。食事の影響を受けるため、食後に上昇します。またこうふんなどのストレスやステロイドの影響により上昇する場合もあります。

IDEXX  SDMA

対称性ジメチルアルギニン。腎臓から排泄される代謝産物で、早期の腎疾患の可能性を可能にする、犬、猫の新しい腎機能マーカーです。

クレアチニン(Cre)

腎臓から排泄される代謝産物で、腎機能が激しく低下すると上昇します。低下の原因としては、著しい筋肉の減少などがあります。

尿素窒素(BUN)

腎臓から排泄される代謝産物で腎機能の低下や消化器官出血などで上昇します。また腎機能低下により減少することもあります。

BUN/クレアチニン比

BUNとクレアチニンの比を算出したものです。これらの値が正しく腎臓の状態を反映しているかどうかを評価します。

リン(P)

副甲状腺疾患、腎臓病、食事内容によって変動します。

カルシウム(Ca)

骨代謝や筋肉の収縮、血液凝固などに関与します。主に腎臓や副甲状腺の疾患などで変動します。また腫瘍で上昇する場合もあります。

 

10月から12月に行われる「猫ちゃんの秋の血液検査キャンペーン」では、以上の16項目の検査で各項目を組み合わせて総合的に判断いたします。獣医師の細かいコメントがありますので、大変分かりやすいです。検査結果の質問等も後日受付ますのでますます安心ですね。

また、キャンペーン期間外でも血液検査は随時受け付けておりますので、その場合はご相談ください。

 

 

 

猫ちゃんの健康診断1 視診・触診・聴診による基本の健康診断

最近、健康診断を受けたいというご要望が増えてきました。

でも、健康診断ってどのように受けたらよいの?どのタイミングで受けたら良いの?などの質問を受けることもあります。

そこで今日は山田動物病院の健康診断をご紹介しましょう。

まず、健康診断を受けるタイミングは、

① 新しく猫ちゃんをお家に迎え入れた時

② 予防接種を受ける時

③ 秋の猫ちゃんの血液検査キャンペーンを受ける時 ※このキャンペーンについては別ブログでご紹介いたします。

などが分かりやすい目安となります。また、「受けたい時に、いつでも受けられる」のです。

山田動物病院の健康診断はまず、「視診・触診・聴診による基本の健康診断」があります。

この「基本の健康い診断」のお値段は1870円。

山田動物病院では、受診するすべての動物の初診時にこの「基本の健康診断」を行い、費用は初診料に含まれています。

また、山田動物病院で定期的にトリミングを受けられる子は3ヶ月に1回の割合で、無料で「基本の健康診断」を行い、飼い主様に報告させていただいています。

さて、では「基本の健康診断」は何をおこなうのでしょうか?

① 体重・体温を測る。体温は肛門で測りますので、体温計に便が付着したときは検便をします。※便をお持ちいただくこともできます。

② 目の白目を見て、貧血がないか?顔を観察して鼻汁がないかなどを視診します。

③ 目の結膜、角膜に異常がないか?白内障がないか?などを視診します。

 

④ 口腔内を視診します。歯肉、歯に異常がないか?歯石は溜まっているか?舌炎はないか?などを視診します。

 

⑤耳に異常はないか視診します。

 

⑥身体にノミ糞はないか?脱毛はないか?皮膚炎はないか?などを視診します。また肛門周りや陰部なども視診します。

 

⑦ リンパ節に異常はないか?腹部に異常はないか?脱水はしていないか?などを触診します。

 

⑧四肢に異常がないか?股関節などに異常がないか?爪の異常はないか?などを触診・視診します。

⑨ 最後に打診し、聴診器で異常音がないか?聴診します。

以上が山田動物病院の「視診・触診・聴診による基本の健康診断」です。

この健康診断により、「貧血、結膜、角膜、鼻汁、歯石、歯肉炎、舌炎、耳、リンパ節、脱水、肛門、陰部、皮膚炎、脱毛、ノミ糞、前肢、後肢、腎、膀胱、心音、肺、便」に異常がないかを調べることができます。

何事もなく、元気で長生きしてほしいと飼い主様は皆様そう願います。そのためにも、定期的な健康診断を受けることをお勧めいたします。

 

令和3年 山田動物病院の表彰式

今年の表彰式が本日朝礼で行われました。

令和3年 最優秀賞はトリマー主任の渡邉さん。

 

賞状と褒章が贈られました。

渡邉さん、おめでとうございます!!

 

 

 

トリミングにマイクロバブルのシャワーヘッドを導入をいたしました。

梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気が続いています。

いつも山田動物病院のトリミングサロンをご利用くださりありがとうございます。

さて、この度、山田動物病院トリミングサロンでは、すべてのワンちゃん、ネコちゃんの施術にマイクロバブルのシャワーヘッドを導入することになりました。マイクロバブル(20ミクロン以下の微細な気泡)は皮膚に優しく、毛穴の奥の汚れを効率よく落とすことができます。このため、美容と健康の双方に効果的で、アレルゲンの洗浄除去、薬浴時の浸透・吸収アップができ、シャンプーの間のリラックス効果も期待できます。

今まで、機械をを使ったマイクロバブル装置を使い、ご希望のお客様に有料で施術しておりましたが、今回マイクロバブルのシャワーヘッドを使うことにより、すべてのワンちゃん、ネコちゃんにこのサービスを無料で提供することができます。

 

山田動物病院での狂犬病予防接種について

今年もまた狂犬病予防接種の季節がやってきました。

当病院では各市町村によって、狂犬病予防接種済票の取り扱いが変わります。

世田谷区6月末日までは、当病院で「済票」が発行できます。

三鷹市・調布市・杉並区5月いっぱい、当病院で接種後、済票を当院が代行して役場に取りに行き郵送するサービスを行っております。最大で2週間ほどお時間をいただきます。畜件登録も代行して行っております。

いづれも、市町村に支払う済票代金は550円、畜件登録は3000円です。

その他の市町村にお住まいの方:当病院で接種後、「狂犬病予防注射接種の証明書」を発行いたしましので、ご自身で役場にお持ちいただき、済票を発行してもらってください。

接種の際は、市町村からのはがきをお持ちいただけると、スムースに手続きができますのでご持参ください。

 

畜犬登録と狂犬病予防注射について

【畜犬登録】

犬を飼い始めたら、飼い始めて30日以内に、また生後90日以内の犬を飼い始めたときは、その犬の120日以内に現在ご自身がすんでいる市町村に「畜犬登録(ちくけんとうろく)」をする必要があります。

これは狂犬病予防法第4条に規定されており、日本において犬を飼う人全員に対する義務なのです。

畜犬登録の情報は各市町村で管理され、どこの住所で誰に飼われているのか把握されています。万が一狂犬病などの伝染病が発生したときも、発生源と影響範囲を突き止めることができ、迅速な対応を行うことが可能になります。

畜犬登録は原則として1頭1回ですが、お引越しをされた場合や飼い主が変わった時にはその都度届け出を行う必要があります。

登録に必要なものは犬の登録申請書(各市町村でもらう、もしくはHPなどからダウンロードできる)です。

必要事項(飼い主に住所・名前・電話番号・ワンちゃんの名前・生年月日・犬種・毛色・性別)を記入してお住まいの市町村の担当部署に届けてください。登録料は3000円です。

【狂犬病予防接種】

畜犬登録と同様に飼い主に義務付けられているのが年に1度の「狂犬病予防接種」です。これは犬が誕生してから一生涯必要な予防接種です。

畜犬登録をしている市町村から毎年4月ごろ、予防接種のお知らせが届くようになっています。

予防接種を受けたら「駐車済票」が市町村から発行されます。これは予防接種を受けたことの重要な証明になりますので、必ず保管するか、犬の首輪などに就けましょう。近年はドックランなどででも提示を義務付けているところも多いようです。

済票の取り扱いにつきましては、各市町村で違いますので、市町村からのお知らせを確認しましょう。

【山田動物病院での済票取得の代行サービス】

世田谷区にお住まいの方:山田動物病院は世田谷区獣医師会に所属していますので、6月末日までは病院にて「済票」を接種後お渡しすることができます。畜犬登録も代行して行っております。

調布市・三鷹市・杉並区にお住まいの方:5月末まで当病院で接種後、済票を市町村に代行して取りに行き、ご自宅に郵送するサービスを行っております。

いづれも、済票代金550円、畜犬登録料3000円です。

 

 

ロイヤルカナン「栄養管理アドバイザー」誕生!!

 

ロイヤルカナン社による10回にわたる食事管理セミナーを受講し、11回の試験に合格して、院長、副院長松本、獣医師紺谷、看護師富澤が栄養管理アドバイザーとして認定されました。

皆様、動物栄養管理についてどうぞお気軽にご相談ください。

豚さんの去勢手術・避妊手術

男の子も女の子も発情すると攻撃的になり、飼い主の言うことを聞かなくなることもあります。

でも、去勢手術や避妊手術をしておけば性格が穏やかで扱いやすい豚さんになります。

最近の手術例をご紹介します。

 

杉並区 マイクロブタ みとんちゃん 避妊手術

 

青梅市 O様 マイクロブタ ぽぽちゃん 避妊手術

 

武蔵野市 Y様 マイクロブタ こんぶちゃん 去勢手術と鼠経ヘルニア修復術 

 

 

 

江東区 O様 マイクロブタ ゆずちゃん 避妊手術と爪切り

 

町田市 H様 ミニブタ こんぶちゃん 避妊手術

絵:API

 

松戸市 H様 マイクロブタ もすこちゃん 避妊手術

 

 

立川市  D様 マイクロブタ スノちゃん 避妊手術

 

武蔵野市 Y様 マイクロブタ なぎさ君、うしお君 去勢手術

 

武蔵野市 Y様 マイクロブタ 霞ちゃん 去勢手術

 

武蔵野市 Ysama  マイクロブタ 庵ちゃん 葵ちゃん 去勢手術

 

松戸市 N様 マイクロブタ スーザン君 去勢手術

江東区 S様 マイクロブタ サニーちゃん 避妊手術

絵:POKI

 

つくば市 S様 マイクロブタ とんちゃん 避妊手術

 

武蔵野市Y様 マイクロブタ ラピス君、サファイヤ君、エメラルド君、ダイヤ君 去勢手術

 

北区 D様 マイクロブタ あずきちゃん 避妊手術

 

世田谷区 山田動物病院 ミニブタ ヴィトン君 去勢

 

杉並区 N様 ミニブタ ルイちゃん 避妊手術

 

世田谷区 K様 マイクロブタ はるえちゃん 避妊手術

 

品川区 M様 ミニブタ ピギーちゃん 避妊手術

 

さいたま市 I様 マイクロブタ たけぞう君 去勢手術

 

 

大和市 U様 マイクロブタ レインちゃん 避妊手術

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋谷区 N様 マイクロブタ ミノちゃん 避妊手術

 

多摩市 H様 ミニブタ まつちゃん 避妊手術

 

板橋区 H様 マイクロブタ とんこつ君 去勢手術

 

小諸市 Y様 ミニブタ チックちゃん 避妊手術

 

世田谷区 T様 ミニブタ スカンク君 去勢手術

 

荒川区 T様 ミニブタ としお君 去勢手術

 

世田谷区 I様 マイクロブタ ももちゃん 避妊手術

 

高崎市 Y様 マイクロブタ オルカ君 去勢手術

絵:API

 

世田谷区 山田動物病院 ミニブタ オリビアちゃん 避妊手術

ブラッドボンド君からの輸血によって命が救われた子たち

ブラッド・ボンド君 いつもみんなを助けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sさんちの空太君 イングリッシュ・コッカースパニエル 脾臓、肝臓の腫瘍

 

Sさんちのミート君 マルチーズ 脾腫瘍 肝腫瘍

 

 絵:POKI

Tさんちのハイト君 ミニチュアダックスフンド 脾腫瘍

 

 絵:API

Kさんちのリーベちゃん ミニチュアダックスフント 慢性貧血

 

Mさんちのキラ君 シーズー 血管周皮腫

 

Tさんちのポンちゃん ミニチュアダックスフント 腎臓からの大出血

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵:POKI

 

 

 

 

Nさんちの空君 チワワ 重度の下血

 

Sさんちのショコラちゃん トイプードル 子宮からの大出血

 

Tさんちのハナちゃん ビーグル 脾臓・肝臓の腫瘍