コンテンツ

渡邊 未生 (トリマー)

渡邊 未生 (トリマー)
 

【名前

渡邊 未生 (トリマー)

出身地

東京都

出身校

東京コミュニケーションアート専門学校

経験

3年

【渡邊さんってどんな人】

明るくバイタリティー溢れるトリマーです。

仕事は手早く、確実に、責任を持ってこなしています。

【渡邊さんにインタビュー】

質問:なぜトリマーになりましたか?

渡邊:犬と小さい頃から暮らしていたので、犬に関係した仕事に就きたいと思った事と、トリミングから帰ってきた愛犬たちを見て、私もたくさんの愛犬たちをを可愛くしたい思いでトリマーになりました。

質問:トリマーになって4年目を迎えます。トリマーになって感じたことは何ですか?

渡邊:トリマーは飼い主様たちの大切な家族を、約月1回のペースでお預かりし、一番愛犬達に触れ、一番飼い主と近い仕事だと思っています。綺麗に可愛くするだけのお仕事ではなく、トリミングの時間を通して、皮膚の状態やまた歩き方や立ち方など犬の状態を観察することで、その時のワンちゃん、猫ちゃんの状態を把握でき、病気の早期発見に繋がることが多々あります。

トリマー職は犬の美容だけでなく、健康などの色々な面から飼い主様へのサポートが出来る仕事だと感じています。

質問:渡邊さんにとって山田動物病院とは?

渡邊:病院の雰囲気はとても仲良しで明るい動物病院です。スタッフ一人ひとりが動物への愛を各自の仕事や接客で現わしているいる病院だと思います。笑顔が絶えない山田動物病院です。

トリミングで施術しているワンちゃん、猫ちゃんの健康状態を把握して「何かいつも違う」と感じたときには獣医師と連携して病気の早期発見、飼い主様と共に早期治療を始められるなど、獣医師とトリマーの連携がスムーズに行われるのも病院の大きな特徴です。連携できるのも、スタッフの仲が良いからだと思います。

質問:これからの抱負を聞かせてください。

渡邊:色々な面から飼い主様をサポートできる仕事なので、サポートをすること。そして愛犬達が幸せに過ごせる様、飼い主様からたくさんの愛情をかけてもらえる様、また愛犬達を飼い主様のニーズに応えたそれぞれの個性を活かしたトリミングをして愛犬たちに幸せになってもらうことです。